title_img News
<ニュースリリース一覧へ戻る

中部電力株式会社様開催 COE Business factory 2017の
最終審査へ進出

2017年12月21日(木)
株式会社キスモ

2017年10月25日(水)に開催された中部電力株式会社様主催のCOE Business factory 2017二次審査会にてキスモAIの画像認識技術を用いた事業アイデアが採択され、最終審査への進出が決定しました。

ロゴ ロゴ

COE Business factory 2017とは、
従来の枠に留まらないサービスの提供を行っていくために、中部電力株式会社様の送配電部門が保有する設備や情報などのリソースやノウハウを活用した新たなサービスを、様々な業種の企業や研究機関と創り上げることを目的としたアクセレータープログラムです。

二次審査会が2017年10月25日(水)に行われ、1月中旬の最終審査会を経て、優れた事業アイデアに対しては、事業化に向けた取り組みの推進が行われます。

▼中部電力 COE Business factory 2017の公式サイトはこちら
https://coenw.chuden.jp/business-factory/2017/

▼キスモの事業アイデア
最終審査に進出した企業の中で唯一の中部発AIベンチャーであるキスモは、キスモの持つ画像認識技術を強みとした事業アイデアの提案を行っています。市街地の送配電設備に設置したセンサーで収集したデータを解析し、安心で便利な街づくりに生かすことを目指しています。

▼今後の展望
1月中旬の最終審査会に向けて事業アイデアのブラッシュアップを行っていきます。
また、キスモでは画像認識の技術をはじめとしたAI技術を強みとした事業を通して「働く楽しさを、より身近に。」の実現を目指します。


●株式会社キスモについて

2017年5月に設立。人工知能技術を用いた画像認識/音声認識/自然言語処理ソリューションに強みをもち、様々な業界を取引先としてコンサルティングおよびソリューション開発を行っているベンチャー企業です。
 「働く楽しさを、より身近に。」を企業理念とし、様々な企業が抱える煩雑な業務を、AIの利活用で自動化します。人が煩雑な業務から解放され、より楽しく働ける社会の実現を目指しています。

代表取締役社長:三野 稜太
株式会社キスモ公式WEBサイト:http://kysmo.tech/

【本件に関するお問い合わせ】
株式会社キスモ
広報担当:鈴木 雄也
MAIL:info@kysmo.tech