title_img News
<ニュースリリース一覧へ戻る

株式会社キスモが「名古屋大学発ベンチャー」に認定

2018年3月5日(月)
株式会社キスモ

株式会社キスモが名古屋大学より、「名古屋大学発ベンチャー」として認定されました。 名古屋大学発ベンチャーの称号の授与制度は平成28年7月に制定され、主に新たな技術又はビジネス手法を基に起業した企業に授与されます。

名古屋大学発ベンチャー称号

●大学発ベンチャーについて

大学で研究・開発された知的財産を基盤にして創業される大学発ベンチャーは、アーリーステージにある大学技術を事業化する役割を担っています。アーリーステージであるがゆえに、既存企業では開発の着手が困難な大学発の技術の事業化を通して、研究成果を社会に還元し、地域経済、日本経済の発展に寄与することが期待されています。名古屋大学からも多くの大学発ベンチャーが生まれています。

名古屋大学発ベンチャー称号授与 » Tongali(とんがり)プロジェクト :
http://tongali.aip.nagoya-u.ac.jp/t-kigyou/nu-venture/

●株式会社キスモについて

2017年5月に設立。人工知能技術を用いた画像認識/音声認識/自然言語処理ソリューションに強みをもち、様々な業界を取引先としてコンサルティングおよびソリューション開発を行っているベンチャー企業です。
「働く楽しさを、より身近に。」を企業理念とし、様々な企業が抱える煩雑な業務を、AIの利活用で自動化します。人が煩雑な業務から解放され、より楽しく働ける社会の実現を目指しています。
代表取締役社長:三野 稜太
株式会社キスモ公式WEBサイト:http://kysmo.tech/

【本件に関するお問い合わせ】
株式会社キスモ
広報担当:鈴木 雄也
MAIL:info@kysmo.tech